ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在

地方ではまだまだ健在なのがレーダー式のネズミ捕り。10GHz帯の電波を照射して、その反射によってスピード違反を測定する方式です。以前はレーダー探知機によってネズミ捕りをキャッチできましたが、今では大半がステルス型となっているため新たな機能も追加されています。



スポンサーリンク
ネズミ捕りのレーダー式はまだ健在

レーダー式ネズミ捕りとは?

レーダー式ネズミ捕りは、10.525GHzの電波を走っているクルマに当て、跳ね返るその周波数の変化、いわゆるドップラー効果で速度を測定しています。止まっているクルマなら理論上周波数は変化しないので、0km/hです。

登場から20年ぐらいは電波を出しっぱなしでしたが、1990年頃からメーカーはステルス型レーダーを開発しました。

警察官が違反していると思しきクルマを現認すると、その時だけ選択器のボタンを押して断続的な測定電波を発射。今では大半がステルス型です。

ネズミ捕りのレーダー探知機の機能

それに呼応して、10.525GHzの電波をキャッチして鳴るだけのレーダー探知機もなくなり、取り締まり位置情報とGPSが連動してネズミ捕り現場を前もって知らせてくれる機能が追加されています。

どんな状況で計測されるのかは、クルマの大きさやレーダーの投射角、現場の電波状況など多くの条件により変わります。ちなみにM社の最新レーダーの取扱説明書の測定距離制限設定では30m、45m、60mとなっているようです。

とはいうものの、レーダーの投射角度によっては複数車線の第1車線なら10m以内でも十分測定できるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2014年6月号に掲載されていました。(文/礼田計)

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕り「よく晴れた休日の午前」に要注意

■「レーダー探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事