ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

警察の謎日本の警察組織の中で、1番謎が多い部署といえば公安警察。日常に紛れて監視や調査を行い、いつの間にか人を取り込みスパイに仕立ててしまうイメージがあります。警察組織の中でも最も秘密のベールに包まれた情報機関である公安警察の実態は、どういったものなのでしょう?



スポンサーリンク
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

公安警察で最大規模を誇る警視庁

公安警察は、共産主義思想や社会主義思想を取り締まる目的で戦後に発足した特別高等警察の後継組織です。国家の社会秩序を乱す恐れのある組織や団体の監視・調査を、主な目的としています。

発足当初から日本共産党に対する敵対心は異常に強く、他には革マル派や中核派などの新左翼系政治組織、右翼団体、旧オウム真理教なども監視対象です。

全国の公安組織で最大規模を誇る警視庁では唯一、公安部が独立しており、国内を担当する公安1~4課と、テロ組織や国際犯罪組織を対象とする外事1~3課などに分類。また、他の県警では警備部に公安課が設置されています。

公安警察は世の中の秩序の維持が使命です。事件が発生する前に抑止するのが目的なので、事件が発生してから捜査を開始する刑事とは捜査手法が異なります。

公安警察は後ろ姿からでも認識

例えば、政治団体によるデモなどの集会や監視対象の建物周辺には私服の公安警察が必ず張っています。「面割り」といって彼らはターゲットの顔をほぼ覚えており、後ろ姿からでも認識できるのだとか。

調査対象とされている人物には数人の公安警察官がマークし、徹底的に張り付くのが特徴。耳にかけるPチャンイヤホンが目印になります。

そのような公安警察の能力は特別に警察学校などで教えられるのではなく、実践で身に付けていくそうです。「公安講習」という公安警察になるために必要な講習もあるのですが、それを受けられるのは上位成績者のみになります。

公安警察は警察組織ではエリート

つまり、公安警察は警察組織ではエリートということ。講習では、マルクスやレーニンなどの共産主義思想を学び、敵対意識を持つように徹底的に洗脳教育をされるのです。

このように、共産主義思想の取り締まりに始まる公安警察ですが、近年ではIS(イスラム国)などの国際テロ組織や外国人犯罪組織の情報収集に力を入れています。

ドラマ『外事警察』(NHK)でも脚光を浴びた外事課は、空港で出入国に目を光らす入国警備官やFBIなどの海外の警察組織とも協力して情報収集や捜査をします。しかし、刑事部との組織的なしがらみや、警察組織特有の縦割り制などが障害になっているようです。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「公安警察」おすすめ記事
外事警察が日常に潜む“スリーパー”を割り出す
日本でテロの可能性があるかを元公安警察が語る

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事