ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

狙撃銃として特殊部隊が採用している豊和工業

狙撃銃として特殊部隊が採用している豊和工業は国内の銃器メーカー。害獣駆除仕様モデルをベースにして狙撃銃として使用しています。この豊和工業は自動小銃も装備品として製造。特殊部隊が装備している豊和工業の狙撃銃と自動小銃を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
狙撃銃として特殊部隊が採用している豊和工業

狙撃銃の装備品名は特殊銃I型

豊和工業は国内の銃器メーカーで、「M1500」は国産では唯一の大口径ボルトアクションライフルです。実は狩猟用として世界各国に輸出されている人気モデルで、使用方法に応じて、各種のバリエーションがあります。

日本の警察では害獣駆除仕様モデルの木製銃床に2脚とスコープを装着して、狙撃銃として使用しています。

警視庁や神奈川県警のSAT、福井県警の原子力関連施設警戒隊などにも配備。なお、拳銃以外の銃器は「特殊銃」と呼称され、狙撃銃のM1500の装備品名は特殊銃I型になります。

狙撃銃メーカーは自動小銃も製造

狙撃銃のM1500の銃器メーカー・豊和工業は、自動小銃も採用されています。「89式5.56㎜小銃」は、1989年に陸上自衛隊で制式化されたアサルトライフルです。

国内メーカーの利点を活かし、日本人の体格に適したコンパクトな設計が特徴。銃床が折りたためる折曲銃床式が、空挺隊員や車両搭乗隊員向けに配備されています。

2004年開催の「第9回安全保障と防衛力に関する懇談会」で配布された、警察庁の資料の中に、SATの装備品として折曲銃床式の89式5.56㎜小銃が写真入りで掲載されました。海上保安庁の特殊警備隊も折曲銃床式を装備しています。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「特殊部隊」おすすめ記事
銃器対策部隊は全国の警察本部に配置されている
捜査一課の特殊部隊「SIT」の由来はローマ字
警察の特殊部隊「SAT」は高性能の銃器を装備
特殊部隊の装備として採用されている自動拳銃
特殊部隊の装備の要!身を守る各種プロテクター

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。