ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?

駐車監視員制度スタート前の2005年、駐車違反の取り締まりは約150万件。それを「(制度を開始することで)2倍に増やして、違法駐車を一掃するのだ」と警察庁は国会で答弁しました。その後はどうなったのでしょう? 駐車監視員制度の現状を詳しく見ていきます。



スポンサーリンク
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?

駐車監視員制度以降は減っている

駐車監視員制度がスタートしてから、グラフの通り放置違反金納付命令件数はぐんぐん減っています。2015年は“最盛期”の4割でしかありません。可哀想なほどの落ち込みぶりです。

駐車違反は、駐車監視員がウヨウヨいる“重点地域”などでは確かに少なくなったが、まだまだ全体としては一掃にはほど遠い状態。なのになぜ、駐車違反の取り締まりがこうも減ったのでしょうか。

ある駐車監視員はいいます。「不景気でクルマ自体が少し減ったように感じます。何より、運転者たちが知恵をつけるようになったんですね。クルマに誰か乗ってたり、すぐ戻ってきたり、なかなかステッカーをを貼れません」。

駐車監視員の尻を叩こうとしない

コインパーキングの利用や、人を乗せておくなどドライバー側の駐車違反対策が功を奏しています。こうして、駐禁ステッカーを貼りにくいとボヤく駐車監視員がいるわけです。

東京都の2015年度の予算書を見ると、放置違反金の収入も委託費もともに約60億円。このまま件数が減り続ければ赤字転落は必至でしょう。

しかし、警察は駐車監視員の尻を叩こうとしません。強引に取り締まればミスやトラブルが増え、警察の負担が大きくなります。何より「民間委託はよくない」との批判を浴びかねないからです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/今井亮一)

■「駐車監視員」おすすめ記事
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所
駐車監視員が重点的に狙うのは交差点・横断歩道

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車違反は警察に出頭せずに違反金だけ支払う
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事