ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ユピテルのレーダー探知機は路線が点滅する!

ユピテルのレーダー探知機は静電式のタッチ操作が特徴。スピーディな衛星測位もうれしいところです。スピード取り締まり装置のみならず、生活道路エリアを30km/h制限するゾーン30にも敏感に反応します。ユピテルのレーダー探知機の最新モデルを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
ユピテルのレーダー探知機は路線が点滅する!

ユピテルのレーダー探知機はタッチ式

ユピテルの最新のレーダー探知機は「SUPER CAT A310」。実勢価格は26,817円です。フルマップの全国地図上に、取り締まりポイントが注意度が高い順に赤→黄→青→緑の順で表示されます。

また、SUPERCATシリーズのみの、取り締まり中の路線をリアルタイムで点滅して教えてくれる機能が大変便利です。公開取り締まり情報と、速度取り締まり指針での公開情報を警告します。

ユピテルの最新のレーダー探知機の設定はタッチ操作。基本設定やモード変更などをユピテルだけの静電式タッチ操作で行います。

ユピテルのレーダー探知機の起動時間

地図が見やすく情報量が豊富なのがユピテルのレーダー探知機。また、初期設定から「オールオン」モードにすると、ドライバー情報の項目が増えてより便利に利用できます。

各メーカーの最新レーダー探知機で起動する時間を測定したところ、1番速かったのはユピテル。8秒で「GPSを測位しました」という音声を発しました。

基本スペックは、液晶サイズが3.6インチで、サイズは106W×60H×17Dmm、重さは125gです。GPSデータが131,000件、取り締まり検問データが51,000件となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「ユピテルレーダー探知機」おすすめ記事
ユピテルGWR103sdはGPS測位の精度バツグン

■「レーダー探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
レーダー探知機はGPSで警告を発する形に進化
セルスターのレーダー探知機は警告ズレが少ない
セルスター工業AR-252GAは自動更新も可能
コムテックZERO 800Vはデータ更新が完全無料

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事