ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

睡眠の質が体に装着しないライフログでわかる

睡眠の質をシーツの下に置いて寝るだけでチェックできるのが「Bedditスリープモニター」。テープ部分が極薄の振動センサーになっていて、呼吸や寝返り、心拍数などを検知します。睡眠の質を調べるには、シーツの下にセンサーを置き、スマホとペアリングして寝るだけです。



スポンサーリンク
睡眠の質が体に装着しないライフログでわかる

睡眠の質をアプリで分析・記録

スリープモニターの使い方は、シーツの下に75cmの帯状センサーを置き、スマホとペアリングしてその上で眠るだけです。ログデータはペアリングしたBluetoothでスマホに送られ、睡眠の質をアプリで分析・記録してくれます。

分析画面はグラフ表示。例えば心拍数を見ると、眠りとともにどんどん下がっていることがわかります。グラフはタップすると、下に詳しい解説が表示される仕組みです。

実際にモニターした結果を見ると、睡眠時間が4時間弱で短く、100点満点中36点と指摘されています。しかし、寝床について6分で眠り、いびきなし、睡眠効率が96%とかなり熟睡している様子。睡眠の質は悪くありません。

睡眠の質を装着感ゼロで調べる

ちなみに、スリープモニターが推奨する睡眠時間は6時間となっています。また、いびきは振動センサーとスマホのマイクで検知。浅い眠りで早めにアラームが鳴るスマート機能も付属しています。

睡眠の質を調べるライフログ製品は各種ありますが、身に付けるタイプは睡眠時にはちょっと気になるもの。その点、スリープモニターは装着感ゼロなのがありがたいところです。

対応OSはiOSとAndroid、電源はACアダプタです。サイズは40W×750Dmmで、重さは約60gとなっています。実勢価格は19,800円です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「睡眠の質」おすすめ記事
朝起きれない人は「ねむり時間計」トライすべし

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。