ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにする

対象物が放つ熱エネルギーを可視化するのがサーモグラフィ。肉眼では見えないものが捉えられるサーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにできるのが「Seek Thermal(シーク・サーマル)」です。真っ暗闇でも周囲を把握できるサーモグラフィをスマホで楽しめます。



スポンサーリンク
サーモグラフィ撮影でスマホを暗視カメラにする

サーモグラフィカメラに早変わり

サーモグラフィとは、物体から放射される赤外線を熱分布として撮影した画像のこと。「Seek Thermal CompactXR」は、スマホでサーモグラフィ撮影ができるカメラです。スマホがサーモグラフィカメラに早変わりします。

CompactXRは、物体が放射する熱エネルギーをカメラ本体が感知して、スマホの画面上に被写体をサーモグラフィとして表示。サーモグラフィ表示には専用アプリを利用します。

サーモグラフィ撮影された画像は見やすいようにフィルターをかけるなどの編集も可能。撮影画像に最低・最高温度を表示させることもできます。通常画面とサーモグラフィー画面で2分割できるのも楽しい機能です。

サーモグラフィは暗視カメラになる

サーモグラフィ撮影は暗視カメラとして使用することが可能。目には見えない熱エネルギーを感知するので、暗闇の中にいる動物や人間を映し出すことができるのです。

例えば、暗闇の中の人影や室内を歩いた足跡を映し出すこともスマホ上で完璧に可視化できます。動物の生態観測や夜間の警備など、さまざまな場面でサーモグラフィ撮影は活用できるでしょう。

CompactXRの測定可能距離は550m、測定温度範囲は-40~330度。サイズは44W×25H×25Hmmで、重さは142gです。電源はスマートフォンから利用するため、外部電源などは必要ありません。CompactXRの販売価格は299ドル。日本ではamazonで3万~4万円ほどで購入できます。

■「サーモグラフィ撮影」おすすめ記事
サーモグラフィ撮影ができる多機能赤外線カメラ

■「赤外線カメラ」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
赤外線カメラをデジタルにしたフォトスナイパー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事