ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ写真を消してしまったとき復活させる方法

誤って消してしまったスマホの写真を復活させる方法を紹介しましょう。iPhoneはiOS8以降には削除した写真の復活機能があります。知らなかった人は、消した写真が実際には消えていないこともあるので要注意。Androidの場合はアプリを使って写真を復活させる方法が便利です。


スポンサーリンク
スマホ写真を消してしまったとき復活させる方法

スマホの写真の復活機能を呼び出す

最新のiPhone(iOS8以降)には、削除したスマホの写真の復活機能があります。iPhoneのカメラからアルバムを呼び出し、「最近削除した項目」を選択。30日以内に削除した写真ならここに残っているのです。

カメラアプリのアルバムから「最近削除した項目」に入ると、消した写真が一覧されます。復活させたい写真を開いて右下の「復元」から「写真を復元」を選べばOK。本気で写真を削除したい人は、ここで「削除」をタップします。

Androidスマホの場合は、データ復元アプリが便利です。「消した画像を復元」は無料で使えて、簡単な操作で1度消してしまった写真を復活できます。アプリはGoogle Playで入手可能。対応OSはAndroid2.3以上です。

スマホの写真を復活させるアプリ

さっそく、Androidスマホの写真を復活させるアプリの操作方法を見てみましょう。アプリを起動したらまず「内部ストレージ」をタップします。すると消した写真が一覧されるのです。

あとは、復活させたい写真を選んで右下の「復元する」ボタンをタップ。これで「消した画像を復元」フォルダに写真が復活して保存されます。ちなみに、アプリをインストール前の写真も復元可能です。

うっかり大事な写真を消してしまった時のためにも、写真を復活させる方法はぜひ覚えておきたいところ。浮気調査などに役立ちます。ただし、くれぐれも悪用はしないようにしましょう。

■「スマホ写真」おすすめ記事
Flickrアプリでスマホ内の写真を自動アップ
iPhoneの写真加工アプリなら「AutodeskPixlr」
写真加工アプリが無料「Photoshop Express」

■「スマホ」おすすめ記事
XMedia Recodeの使い方!スマホで動画を楽しむ
スマホでテレビを見るロケフリ機能を使いこなす
BDZ-ET2200でスマホから録画番組を見る方法
Slingbox M1でスマホでテレビ録画を見る方法
スマホで動画ファイルをダウンロードする方法
CDレコはPCなしで音楽CDをスマホに取り込む

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事