ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人気トップ3の格安SIMならどこがおすすめ?

月々の利用料金が安くなるという触れ込みで、利用者が増えている格安SIM。今では30社以上がサービスを提供しています。そこで、今回は価格.com人気ランキングTOP3の「楽天モバイル」「BIGLOBE SIM」「UQ mobile」をピックアップ。料金プランや通信速度などを比較しました。


スポンサーリンク
人気トップ3の格安SIMならどこがおすすめ?

格安SIMでも動画を快適に再生

楽天モバイルは、全国38店舗の実店舗で対面サポートが受けられるため、ビギナーでも何かと安心。2,570円の「楽天でんわ かけ放題」は、国内電話が何分でもかけ放題になるため、音声通話が多い方にもおすすめのサービスです。

楽天モバイルの回線速度をiOS用アプリ「SpeedTest」で測定してみました。すると、下りは20Mbps以上の速度を記録し、今回のテストではUP/DOWNともに回線速度1位という結果。格安SIMでも動画を快適に再生できるでしょう。

BIGLOBE SIMは、インターネットプロバイダが提供しているため、複数枚のSIMカードによるシェアプランや、83,000か所のWi-Fiオプションなどのデータ通信に特化。自宅のプロバイダがBIGLOBEなら、割引が効くのもポイントです。

おすすめ格安SIMは楽天モバイル

BIGLOBE SIMの回線速度は下りが13.33Mbpsで、上りが5.43Mbps。下りで10Mbps以上出ていれば、Web閲覧はもちろん動画再生も問題ありません。格安SIMでも特別回線速度が遅いとは感じませんでした。

UQ mobileは、au系回線を利用した格安SIMになります。最大の特徴は全格安SIMの中で最も回線が安定しており、速度低下が起きにくいということ。料金を抑えつつも快適な回線を維持したいという場合は、UQ mobile一択です。

回線速度は下りが14.39Mbpsで、上りが4.52Mbpsという数値。UQ mobileはサービス開始から回線が安定しており、時期や時間帯などの影響を受けにくいと評判です。

こうして比較した結果、おすすめ格安SIMは僅差で楽天モバイルとなりました。楽天モバイルはポイントアップや端末セールなど、非常に多くのキャンペーンを行っており、うまく活用できれば格安で楽天モバイルへの引っ越しが可能です。(文/在原裕貴)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事