ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

海外旅行用プリペイドSIMは日本で開通できる?

格安SIMが続々と発売されスマホの利用方法も変化しています。システムが複雑化するほど“隙”も生じるもの。その1つが海外旅行用のプリペイドSIMです。海外旅行用のプリペイドSIMなら身元確認不要で、音声+データ通信が可能になります。海外旅行用プリペイドSIMが日本で開通できるか比較実験しました。


スポンサーリンク
海外旅行用プリペイドSIMは日本で開通できる?

海外プリペイドSIMは身元確認不要

音声付き携帯電話の契約は「携帯電話不正利用防止法」により、NTTドコモなどの3大キャリアはもちろん、格安SIMでも身分証明書の提出が必須となっています。しかし、国外業者は対象外です。

そのため、海外旅行用のプリペイドSIMをスマホにセットすれば身元確認不要で、音声+データ通信が可能になります。ここでは、4種類のAndroid用海外プリペイドSIMを入手して検証。開通手続きからLINEの登録までテストしました。

まずはAISの「SIM 2Fly」。実勢価格は3,600円で、利用期間は8日間、データ容量は3GBです。SIMの開通は日本からでもOK。SIMを挿入し「設定」→「アクセスポイント名」で「AIS internet」を選択すれば開通できます。残金不足で通話はできなかったが、LINEは難なく登録。ID検索もできました。

海外プリペイドSIMでLINEのID検索

続いて、China Unicomの「跨境王」。実勢価格は1,980円で、利用期間は開通後90日間、チャージ金額:80香港ドル付きです。APN設定を「3gnet」と入れるだけで開通。香港の電話番号がもらえ、国内でも使用できます。LINEのID検索は、日本のSIMだと電話番号登録と契約キャリアの年齢認証が必須ですがスルーしました。

3つめは、Ultra Mobileの「Orange SIM」。実勢価格は4,000円で、利用期間は30日間、データ容量は2GBです。開通手続きは専用Webサイトから。適当なアメリカの渡航先の郵便番号や、メアドを入力するだけでOKでした。アメリカの電話番号がもらえ、日本の固定電話への通話は無料です。LINEのID検索もできました。

最後は、Vodafoneの「EU周遊プリペイドSIMカード」。実勢価格は3,000円で、利用期間は28日間、データ容量は1GBです。専用Webサイトにて、SIM付属の電話番号と4ケタの番号を入力しました。1日程度で開通できる仕様でしたが、変更した模様。パスポートなど身分証明書が必要で、開通できませんでした。(文/在原裕貴)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事