ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

格安SIMで遅延しがちなGPSをすぐ捕捉する方法

キャリア端末を格安SIMに変更したところ、地図アプリでの位置測定が遅くなった…というユーザーが多いようです。これはキャリアの基地局から受け取っていたGPSのアシスト情報が受け取れなくなったことが原因。そんな格安SIMで遅延しがちなGPS情報をすぐ捕捉する方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
格安SIMで遅延しがちなGPSをすぐ捕捉する方法

格安SIMはGPS取得に遅延が生じる

NTTドコモ・au・ソフトバンクのキャリア端末がGPSを取得する際、GPS衛星・基地局・無線LANから位置情報を取得します。基地局には、「A-GPS」(アシスト型GPS)という位置情報サーバがあります。

位置情報を要求すると、サーバから軌道データが端末に送信され、素早く測定できるのです。しかし、格安SIMに変更するとキャリアの基地局からの情報を受け取れなくなります。

こうなると格安SIMのスマホは、衛星からだけのGPS情報に頼らざるを得ません。結果的に、GPS情報の取得に遅延が生じてしまうのです。なお、Android端末はGoogleの基地局からのA-GPSを受け取る機能を搭載。SIMフリー端末で格安SIMを使うのであれば、GoogleのサーバからA-GPS情報を取得できます。

格安SIMのGPSをアプリで解決する

しかし、キャリア端末から格安SIMに乗り換えると、GoogleのA-GPS情報を受け取れません。そこで、「GPS Status & Toolbox」を導入して解決します。アプリはGoogle Playで無料で入手可能です。

GPS Status & Toolboxの導入方法は、アプリをインストールして「メニュー」→「A-GPSの管理」をタップ。「A-GPS XTRAデータ」をダウンロードします。これでA-GPS情報を取得できました。

実際に、初期起動状態で同じ位置のGPS情報を捕捉する時間を計測してみました。A-GPS未対応の状態ではGPS捕捉まで1分10秒もかかっていたものが、A-GPSを取得した端末では1秒13で場所を捕捉できたのです。(文/Toybox)

■「格安SIM」おすすめ記事
格安スマホはSIMフリー端末でなくても利用可能
格安SIMのおすすめポイントをしっかり理解する
スマホもタブレットも使える格安SIMお得プラン
ドコモを格安スマホにすると月5千円も安くなる
格安SIMにおすすめのスマホ端末はこの5機種!
格安SIMおすすめプランで年間6万円以上浮く!
格安SIMおすすめは家族割!さらに安く使える
格安SIMは還元されるポイントで選ぶ手もある
OCNモバイルONEなら月300円でデータ通信できる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事