ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアコンのリモコン操作が外出先からできる!!

ネットワーク経由で電源のオン/オフなどを遠隔操作できる、いわゆる「スマート家電」。「Plutoステーション」を利用すれば、普通のテレビやエアコンをこの最新家電に進化させられます。エアコンのリモコン操作が外出先からスマホからできるようになるのです。



スポンサーリンク
エアコンのリモコン操作が外出先からできる!!

エアコンのリモコン操作を外出先から

Plutoステーションはネットワーク対応の赤外線リモコンアダプタです。Wi-FiルータにLANケーブルで接続すれば、ネットワーク経由で操作したリモコン信号がPlutoステーションから赤外線で発信されます。これでエアコンのリモコン操作が外出先からできるのです。

Plutoステーションの対応OSはiOS5.1以上、Android4.0以上。サイズは110W×33H×82Dmmで重さは約88gです。実勢価格は13,800円となっています。

Plutoステーションのセットアップは、Wi-Fiルータに接続したら専用サイトにてスマホに家電情報を登録します。スマホでPluto公式サイトにアクセスし、アカウントを登録してログイン。操作したい家電、メーカー名、発売時期などの基本データを選択していきます。

エアコンを帰りの電車でリモコン操作

テスト信号を発射し、問題なく動作したら登録完了です。これでスマホがリモコン化するので、ネットを介し自宅のエアコンなどの家電をリモコン操作できるようになります。

エアコンを帰りの電車の中からリモコン操作で起動させておけば、部屋は快適な状態になるでしょう。もちろん温度調整も可能です。

また、出張や旅行で家を長期間空ける時は、テレビや照明を定期的にオン/オフすることで防犯対策にもなるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

■「エアコンのリモコン」おすすめ記事
隠しカメラとは思えないエアコンのリモコン型

■「エアコン」おすすめ記事
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事