ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?

スマホ乗っ取りに使われる最新の手口は、ロック解除する指の動きを盗撮するというもの。撮影には音が鳴らない録画アプリ「無音ビデオカメラ」などが使われます。そして、ロック解除したスマホの乗っ取りに使われるアプリが「Cerberus」です。これでスマホが遠隔操作できるようになります。



スポンサーリンク
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?

スマホ乗っ取りは指の動きを盗撮

AndroidスマホのPIN(暗証番号)やパスワード、パターン(図形)を盗み出して、スマホ乗っ取りする手口が横行しているといいます。その手口とは、指の動きを盗撮して解除方法を割り出すというものです。

撮影には「無音ビデオカメラ」のような音が鳴らない録画アプリが使われます。ロックを解除する指の動きを、無音ビデオカメラで盗み撮り。映像をスロー再生などで解析して、解除方法を割り出すのです。

Androidスマホの中には指紋認証に対応している端末がありますが、これも安心はできません。所有者が寝ている隙にその指を拝借すれば、簡単にロック解除が可能。スマホ乗っ取りできてしまうのです。

スマホ乗っ取りに遠隔操作アプリ

スマホ乗っ取りされたAndroidにインストールされることが多いのが「Cerberus」というアプリ。本来は盗難防止用ですが、ターゲットの端末に仕込むことで、PC上から遠隔操作が可能になるのです。位置情報の取得や音声の録音などがリモートでできるため、ストーカーアプリと呼ばれます。

スマホ乗っ取りの手口では、Cerberusをインストールしてアカウントの作成や初期設定を行います。初期設定が完了したら「アプリ一覧画面から隠す」にチェック。これで端末所有者が、Cerberusを発見しにくくなるのです。

あとは、PCのブラウザで「Cerberus for Android」にアクセスし、アカウントを入力。Cerberusをインストールしたスマホの現在地がマップ上に表示されます。ここからスマホを遠隔操作できるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。(文/中谷仁)

■「スマホ乗っ取り」おすすめ記事
スマホは履歴を削除しないと個人情報がダダ漏れ
スマホのロック画面はショルダーハックで解除
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作

■「乗っ取り」おすすめ記事
Twitterで乗っ取りがなくならない2つの理由
Twitterアカウント乗っ取りに遭わない注意点
Facebookの乗っ取り手口とその対処方法とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事