ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ハンディスキャナのデータをスマホに直接転送

今や文房具はWi-Fi使用、スマホ連動は当たり前です。なかでも注目は、スマホに直接データ転送できるハンディスキャナ。かざすだけで簡単にデジタル化できてしまいます。ハンディスキャナのデータをスマホに直接転送する手順を見てみましょう。



スポンサーリンク
ハンディスキャナのデータをスマホに直接転送

ハンディスキャナをスマホに転送

本や雑誌の自炊、書類のデータ化に重宝するのがハンディスキャナ「400-SCN017BK」です。microSDカードとPCへの保存に加え、Wi-Fi機能を搭載しています。

このため、アプリをインストールしたスマホにハンディスキャナのデータを直接転送が可能。アプリから画像の編集ができるのもポイントです。

ハンディスキャナの解像度は最大900dpi、最大スキャンサイズは21.7W×120Hcmとなっています。保存形式はJPEG、PDF。記録メディアはmicroSDカード(最大2Gバイト)とmicroSDHCカード(最大32Gバイト)です。サイズは256W×31.5H×26.2Dmmで、重さは約159g。実勢価格は12,800円となっています。

ハンディスキャナを当てると開始

なお、スマホへハンディスキャナのデータを転送するには「DirectScan」という無料アプリをインストールする必要があります。対応OSはiOS5.0以降、Android2.2以上です。

ハンディスキャナの使い方は、まずアプリのスキャンをタップ。ハンディスキャナを書面に当てると読み込みが開始される仕組みです。

本体モニター部「SCAN」が緑色に点灯するとスキャン終了。スマホに画像が転送されます。転送した画像はアプリ上で切り抜きや、マーキングといった編集が行えるのもうれしいろことです。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「ハンディスキャナ」おすすめ記事
マウス型スキャナが思った以上に便利だった件

■「スキャナ」おすすめ記事
非破壊自炊は高被写界深度レンズで均一スキャン
ScanSnap iX500と自炊裁断機200DXが最強コンビ
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。