ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

レンタカーなどレーダー探知機が手元にないときに重宝するのがオービス検知アプリです。おすすめは新型オービスにもさっそく対応している「早耳ドライブ」。基本無料で使用できるだけでなく、面倒な事前登録も不要です。しかも、このオービス検知アプリはiOSにもAndroidにも対応しています。



スポンサーリンク
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

オービス検知アプリを選ぶポイント

レーダー探知機が手元にない時に、頼りになるのがオービス検知アプリです。オービスを検知するアプリは各種ありますが、選ぶべきは「早耳ドライブ」で決まりでしょう。

この種のオービス検知アプリを選ぶ際のポイントは、情報の更新速度と精度です。その点、早耳ドライブはどちらもクリアしています。

というのも、ドライバーの信頼の厚いオービス情報共有サイト「オービス・ガイド」と連携し、その情報を反映しているから。基本、無料で使えるのもありがたいところです。

オービス検知アプリは新型に即対応

例えば、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置された、新型の移動式オービス。このオービス検知アプリではGPSデータを更新して即座に対応。オービスのアイコンは「i」となっています。

これで従来のオービス(監視カメラ風)と差別化しているというわけ。オービスマークをタップすると、設置地点の住所や写真が出る仕組みです。

なお、無料版では自車位置の近辺のみの情報となっていますが、拡張機能(360円)を購入すると全国のオービス位置をチェックが可能。広告を非表示にすることもできます。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「新型オービス」おすすめ記事
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事