ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視アプリは狙いのスマホ画面をパソコンに表示

スマホが遠隔操作できる監視アプリは、有料のものが主流です。その代表格が「Mobile-Spy」。その名の通り、端末ユーザーの監視を目的とした監視アプリです。もともとターゲットの動向をスパイする用途で設計されているため、狙いのスマホの画面をリアルタイムで表示することもできます。



スポンサーリンク
監視アプリは狙いのスマホ画面をパソコンに表示

監視アプリはLINEにも対応

監視アプリは、通話履歴や移動履歴はもちろんのこと、ユーザーが閲覧したURLの履歴なども収集。。これをチェックすれば、ターゲットの関心事が分かります。スマホで撮影された画像や動画データの閲覧も可能です。

そのほか、Gmailの内容を盗み見たり、カレンダーやイベントなどのアプリに登録された内容の確認もできてしまいます。さらにはLINEやFacebookなどのソーシャルメディアにも対応しているのです。

Mobile-Spyはベーシックプランが3か月で49.97ドル(約5,000円)、プレミアムプランは3か月64.97ドル(約6,500円)。プレミアムプランになると、ターゲットのスマホ画面をパソコン上でリアルタイムで見ることが可能となります。

監視アプリで私生活が丸裸に

この機能を使えば、監視アプリでクレジットカード情報やリアルタイムで交わされているSMSの内容などを盗み見ることが可能。外部に知られると被害を被るような、各種個人情報やプライバシーを知り尽くすことができてしまいます。

監視アプリの公式サイトにも明記されていますが、このMobile-Spy は子どもや従業員、そして交際相手を監視を想定しているもの。開発元であるRetina-X Studiosはアメリカの企業です。

Mobile-Spyは英語版のみですが、日本のユーザーでも使用することができます。もし、悪意ある第三者に自分の知らないうちにこの監視アプリをインストールされたら自分の私生活が丸裸になることは間違いありません。

■「監視アプリ」おすすめ記事
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
LINEいじめを監視できるAndroidアナライザー
監視カメラアプリなら無料の「セキュカム」
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
iPhoneのカメラ機能を監視に使う裏ワザアプリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事