ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災アプリはYahoo!とgooを入れておけば十分

災害時にあったら便利かもしれないと、闇雲に防災アプリをインストールするのは考えもの。いざという時に使えなかったら意味がありません。そんな災害時に“救いの神”となる無料防災アプリの決定版は「Yahoo!防災速報」です。ローカル情報も自動通知する百貨店級の防災アプリといえます。



スポンサーリンク
防災アプリはYahoo!とgooを入れておけば十分

防災アプリ1本で各種災害をカバー

まずは黙ってインストールの防災アプリは「Yahoo!防災速報」です。地震、津波、豪雨、洪水、火山、熱中症予防や防犯の呼びかけなどなど、項目ごとに通知設定ができ、何かあると自動で情報を表示してくれます。

この防災アプリがすごいのは、日本で考えられる各種災害をこの1本でカバーしているところ。コトが発生するとポップアップ表示でスグお知らせしてくれます。情報が欲しい地域は3つまで設定OKです。

しかも、地方自治体が独自に発表する避難所開設情報なども配信開始。現在地情報を連動させれば、今自分がいる場所がヤバイか否かを確認できるので、初期段階の事態把握にはうってつけの防災アプリといえます。

防災アプリで家族の無事をやり取り

災害時に家族の無事をやり取りする場合、各キャリアが提供する災害用伝言板が便利。その手の連絡も情報収集も1つで済むのが「goo防災アプリ」です。名前や電話番号などの設定をしておけば被災直後でも居場所や避難先を伝えられます。

goo防災アプリは、家族への安否メールも現在地リンクを含めてササッと送信可能。現在地を軸に、防災拠点をサーチできるマップも充実しています。地図をダウンロードしておけば、通信網がダウンした時でも使える仕様です。

ネット上に安否を公開できる「Janpi」と連動して自分の状況を投稿できるのもgoo防災アプリの特徴。「J-anpi」は、名前や電話番号などから安否情報を検索できるサービスです。(文/マゴゾー)

■「防災アプリ」おすすめ記事
災害情報の通知アプリなら「Yahoo!防災速報」
地震速報アプリで情報共有「ゆれくるコール」
安否確認をスマホの利用状況から判断するアプリ
防災アプリは国土地理院のお墨付きを使うべし

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
土嚢ならコンパクトに保管できるアクアブロック
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事