ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ポケモンGOのボール投球ツールを自作する方法

ポケモンGOでトレーナーを悩ませるモンスターボールの投球。それなら、ボール投球補助ツールを自分で作ってしまえばよいでしょう。ボール投球補助ツールは、割り箸と輪ゴムや弁当バンドなど、台所にあるものだけでも自作が可能。手帳型スマホカバーを切ってしまうという手もあります。



スポンサーリンク
ポケモンGOのボール投球ツールを自作する方法

ポケモンGOのボール投球テク

「ポケモンGO」でモンスターを捕獲するために必要なのが、モンスターボールの投球テクニック。極めれば、さまざまなEXPボーナスが入手できますが、この難易度が意外と高めです。

ちなみに、ボーナスEXPの付く投球は、カーブボールが+10EXP。投球前に手元でくるくると回し、ボールがキラキラ光ってから投げるもの。ボールが弓なりに飛びます。

このほか、ナイススローが+10EXP、グレートスローが+50EXP、エクセレントスローが+100XPです。白いターゲットリング内に投球。当たった時、色付きのリングが小さければ小さいほどEXPが増えます。

捕獲画面では、手前、中央、奥と少なくとも3段階の奥行きがあり、チョットした加減でボールが飛ばなかったり、あるいは飛び過ぎてしまいます。さらに、スワイプする指が少しでもブレると、ボールは左右にカーブするのです。

ボール投球ツールは自作可能

コツをつかめない不器用な人向けには「Mボール矯正ギブス」など市販品のスワイプ矯正装置を買うという選択肢もあります。角にゴムパッドが仕込まれていて、各種iPhoneに乗せるだけで使用可能。見た目もオシャレです。

しかし「わざわざ買うのはイヤだ」「グッズの購入は一種の課金ではないか」と思うストイックな人もいるでしょう。ならば、自作すればいいのです。日用品や不要になったもので簡単にボール投球ツールが作れます。

手帳型スマホカバーの下半分をタテに、上半分は四角にハサミを入れればフタをするだけで、捕獲態勢に入れます。不要品を流用すれば実質タダでポケモンGOのボール投球ツールが自作可能です。

台所にある割り箸&輪ゴムでも自作できます。割り箸を割って、スマホ中央に1.5cm ほど間隔をあけ、輪ゴムで固定するだけです。弁当バンドも使えます。100円ショップにある弁当バンド×2をタテにはめるだけです。(文/秋本録画)

■「ポケモンGO」おすすめ記事
今さら聞けない初心者向けポケモンGOの遊び方
ポケモンGOで課金するならプリペイドカード
ポケモンGOの孵化は距離が長いタマゴを優先
ポケモンGOで何kmも歩かず孵化させる方法とは
ポケモンGOのタマゴ孵化に「動く歩道」を活用
ポケモンGOのタマゴ孵化をプラレールで自動化
低速走行の路面電車でポケモンのタマゴを孵化
ポケモンのタマゴ「自動孵化装置」が1,780円
ポケモンGOのGPS偽装によるアカウントBANの実態

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事