ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

写真袋に代わって使われる写真共有アプリとは?

写真袋は写真や動画を共有することができるスマホアプリです。しかし、通常の画像掲示板で掲載できないような写真の共有に利用されることでユーザーが激増。最終的にサービスは終了となりました。そんな写真袋に代わって、いま使われている写真共有アプリを紹介しましょう。


スポンサーリンク
写真袋に代わって使われる写真共有アプリとは?

写真共有アプリは合言葉を入力

「写真袋」とは、写真の詰め合わせを「合言葉」を入力するだけでダウンロードできるスマホアプリ。仲間内での写真の共有に便利でしたが、児童ポルノの拡散にも悪用されたことでサービスは終了となりました。

ところが、この写真袋を模倣した写真共有のアプリは今も存在。プライベートな画像が配布され続けているのです。その1つが「写真カプセル+」。掲示板やTwitterで手に入る合言葉を入力すると、さまざまな画像が入手できてしまいます。

なお、Android端末で「写真袋」系アプリは危険です。写真袋系アプリは、野良アプリとして配布されているからです。このため、ウイルスが混入しているなど危険性は大。利用は控えた方が無難でしょう。

写真共有アプリでダウンロード

まずは写真共有用の合言葉を見つけなければなりません。そこで、Twitterで「写真をカプセルに詰めました!」で検索。すると写真カプセル+の合言葉が見つかるでしょう。合言葉を専門に扱う掲示板もをあります。

そして「写真カプセル+」をApp Storeから入手。起動したら「受け取る」画面を開きます。ここで事前に調べておいた合言葉を入力。「受け取る」をタップします。合言葉が合っていれば、画像のサムネイルと枚数が表示されるのです。

「受け取る」をタップすれば、アップされている画像がすべてダウンロードされて写真が共有されます。なお、有効期限を過ぎた写真の共有には、「カギ」と呼ばれる有料アイテムの購入が必要です。

■「写真アプリ」おすすめ記事
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」
無音カメラのおすすめ!無料&高画質アプリ
無音カメラアプリが証拠集めには役に立つ!
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
Flickrアプリでスマホ内の写真を自動アップ
iPhoneの写真加工アプリなら「AutodeskPixlr」
写真加工アプリが無料「Photoshop Express」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事