ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ広告をブロックしてパケット通信料を節約

スマホでWebサイトを閲覧していると、邪魔になるのが広告。とくに海外サイトにアクセスするときは、広告の裏にウイルスが仕込まれていないかも心配の種です。そんなときはスマホ広告をブロックするブラウザを利用するのが簡単。パケット通信料の節約にもなります。


スポンサーリンク
スマホ広告をブロックしてパケット通信料を節約

邪魔なスマホ広告をブロックできる

スマホでWebサイトを閲覧していると、邪魔なのが広告コンテンツ。見づらいだけではなく、動画の読み込みなどでパケット通信量が無駄に増えてしまい、さらにはWebページの読み込み速度も遅くなってしまいます。

また、怪しげな海外サイトなどを閲覧しようとするとき、広告の裏にウイルスやトラッキングソフトが隠れていないかも心配。スマホの広告は勝手に読み込まれてしまうため防ぎようがありません。

そこで役立つのが「AdblockBrowser」です。AppStore、GooglePlayで入手できます。邪魔なスマホ広告をブロックでき、通信量の節約にもなります。これで快適なWebブラウジングが可能です。

スマホ広告ブロックでデータ量減少

AdblockBrowserはメンドウな設定が不要。ブラウザとして利用すれば、即広告がブロックされます。ブラウザ下部のアプリマークをタップすると、広告ブロックの設定が可能です。

実際にAdblockBrowserを使ってスマホの広告の表示状態を確認してみると、ブロック設定されたWebサイトから、邪魔な広告が非表示となりました。見た目がスッキリした印象です。

また、スマホの広告をブロックすると、そのぶん読み込むデータ量が減少します。実際に、まとめサイトを1度読み込んだ結果を比較してみました。すると導入前は2.2MBの通信量が、スマホ広告ブロック導入後は1.3MBで済んだのです。

■「広告ブロック」おすすめ記事
YouTubeの動画再生前の広告を自動的に消す方法
YouTube広告を消すならアドオンを導入するだけ
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ
ポップアップ広告を削除するオススメ駆除ツール

■「ブロック」おすすめ記事
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEがブロックされているかを確認する方法
LINE「知り合いかも?」のブロックは解除できる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事