ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

定規や分度器など12機能が詰まった万能アプリ

出先などで急に文房具が必要になった時、スマホがあれば慌てる必要はありません。定規などの基本的文具はもちろん、進化した文房具アプリも登場しているからです。なかでも注目は、定規や分度器だけでなく、距離や騒音も測れるマルチツールアプリ。1つのアプリに収められた12の機能を見ていきましょう。


スポンサーリンク
定規や分度器など12機能が詰まった万能アプリ

定規などの文房具が1つのアプリ

「SmartTools-ツールボックス」は、定規や分度器といった文房具を1つのアプリに格納。6個のメニューに、12の機能が収められています。入手先はGoogle Playで、価格は370円です。

まず「巻尺・分度器」には、距離測定・分度器・ネジサイズ計測など6機能を搭載しています。「単位」では、長さ・面積・圧力・燃料・カロリーなど、16個の単位変換が可能です。

「距離・高さ」では、写真撮影して対象物までの距離を概算できます。「騒音・振動」では大きな音や揺れを計測可能。「コンパス」は方位磁針と金属探知が行えて、「ライト」には照明機能と自撮りカメラを装備します。

定規アプリで幅と高さが測れる

アプリで便利なのが「定規」で、スマホ画面がタテヨコに刻み目の入った定規に変化。最初の起動時に画面サイズを入力すれば、大きさを正確に測れます。スマホ以下の小さいモノやパーツを画面の上に乗せれば、幅と高さが測れる仕組みです。

「単位換算」はインチとミリ、平方メートルと坪などの変換がスマートに行えます。靴のサイズ、仕事率の変換も計算可能です。「水準器」で床や棚、ポスターやカレンダーが傾かずに設置できているかを確認できます。

また、震度や音量が計測できるなど、文房具を超えた機能も内蔵。金属探知器はスマホを水平に持ち、近くにあるものの磁場を測定します。かゆいところに手が届く万能アプリです。(文/すたみな花子)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事