ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

災害時はラジオアプリで最新情報をキャッチする

いつおきるかわからないのが災害です。いざというときのために、災害情報を入手する手段を確保しておかなければなりません。災害情報といえばラジオを聞くのが常套手段。そこで活用したいのが、スマホで放送が聞けるラジオアプリです。災害時はラジオアプリで最新情報をキャッチしましょう。


スポンサーリンク
災害時はラジオアプリで最新情報をキャッチする

災害時はラジオアプリを活用する

災害に見舞われて着の身着のまま避難を余儀なくされるとしても、必ず持ち出すのがスマホ。災害時はラジオアプリを活用することで、最新情報がキャッチできるようになります。災害時に知っておきたいラジオアプリを紹介しましょう。

「ラジコ」はIP通信を利用して地上波ラジオ放送を、スマホで聴取できる配信サービスです。2011年の東日本大震災時には、被災者への情報提供を目的として聴取エリア制限を解除するなど、災害支援に迅速かつ柔軟に対応しました。

スマホでは、アプリをダウンロードすれば無料で即座にラジオを聞けます。ネット回線を利用しているため、障害物や電波状況に影響されないのが特徴。ノイズのないクリアな音質です。

臨時災害放送局が聞ける専用アプリ

2014年4月から、全国のラジオ放送を聴取可能とする有料サービス「プレミアム会員」(月額350円)も開始。聞きたい地域の局を選べるので、被災地域により密着した情報を得られます。家族や知人がいる場合に役立つでしょう。

大規模災害時には、各自治体が免許人となって運用される臨時災害放送局が開局されます。「災害FM」はその放送を聞ける専用アプリ。新聞やテレビが報じない、ローカルな生活情報、行政情報などを被災者に届けます。

現在も、熊本地震で被害が大きかった熊本県益城町の「益城さいがいFM」を放送中。役場からの生活情報などを毎日、聴取可能です。ボランティアの受け入れ情報なども放送されています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事