ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?

スマホの遠隔操作アプリが話題です。スマホの遠隔操作アプリとは、文字どおりアプリを入れたスマホを離れた場所から操作できるというもの。ただし、遠隔操作アプリを導入するには、基本的には手作業が必要になります。スマホの遠隔操作アプリを利用するとどこまで監視できるのかを見ていきましょう。


スポンサーリンク
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?

遠隔操作アプリで周囲の音が聞ける

遠隔操作アプリでよく知られているのが「FlexiSPY」です。この遠隔操作アプリでは、通話内容を聞いたり、スマホの周囲の音を聞いたり、スマホのカメラを操作したりといったことが可能になります。

このほか「通話履歴を見る」「SMSメッセージを見る」「パスコードを暴く」「居場所を特定する」「LINEを覗く」「Facebookを覗く」といった遠隔操作も可能。アプリを一覧からアイコンを消すこともできます。

ただし、この遠隔操作アプリの導入にはAndroidはroot化が、iOSは脱獄が必要。慣れている人間でも数時間は欲しいところでしょう。トイレに立っている間などの時間で導入するのはほぼ不可能です。

導入が比較的ラクな遠隔操作アプリ

「FlexiSPY」の導入は手間がかかりますが、類似の「Cerberus」は導入が比較的ラクな遠隔監視アプリ。「スマホ画面にメッセージを出す」「ロックする」など、本来は紛失した時に利用する機能を、遠隔操作に利用されているのです。

このほか、Cerberusでは「居場所を特定する」「周囲の音を録音する」「録音データを送信する」「スマホをロックする」「写真を撮る」が遠隔操作できます。アプリ一覧から消す機能も可能です。

赤ちゃんの見守りやホームセキュリティに利用するリモート監視アプリが、遠隔操作アプリとして利用される場合もあります。この場合は、単純にターゲットの部屋の様子を離れた場所から覗き見ることが目的でしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。