ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

グーグルマップを3Dにするには指2本でスワイプ

グーグルマップはPCだと、航空写真によるフル3D表示ができるのはご存じのとおり。じつは、スマホのグーグルマップアプリでも3D表示ができるのは意外に知られていません。スマホでグーグルマップを3D表示にするには指2本でスワイプするだけ。さらには航空写真の3D表示も可能なのです。


スポンサーリンク
グーグルマップを3Dにするには指2本でスワイプ

グーグルマップの3D表示は指2本

グーグルマップの3D表示をPCで見る方法は、マップ右下にある航空写真と書かれているEarthボタンをクリック。マップが航空写真に切り替わったら、「Ctrl」もしくは「Shift」キーを押しながらドラッグすればフル3Dモードになります。

スマホで使用するグーグルマップで3Dで表示するには「立体地図」機能を利用します。マップ上を指2本で上にスワイプすると、グーグルマップが3D表示に切り替わるのです。元に戻すときは指2本で下にスワイプします。

ちなみに、この3D表示は航空写真でも表示することが可能です。アプリの左上にあるメニューから「航空写真」をタップします。すると、3D表示の視点のままマップが航空写真になるのです。

グーグルマップの3D表示が連動

ただし、スマホの航空写真の3D表示にはPC版ほどの立体感はありません。スマホでグーグルマップを3D表示するなら、立体地図を利用したほうが使いやすいでしょう。メニューからもう一度「航空写真」をタップすれば元に戻ります。

このほか、コンパスモードでもグーグルマップの3D表示が可能です。画面右下のロケーションボタンは、1度タップすると現在地の地図を表示してくれます。ここでもう1度、ロケーションボタンをタップするのです。

すると、グーグルマップがコンパスモードになります。マップが3Dになって自分の動きに連動して3D表示が変化するのです。ロケーションボタンを再度タップすると、元のマップ表示に戻ります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。