ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが遠隔操作される「ケルベロス」コマンド

スマホにはたくさんの個人情報が詰まっているため、紛失すると大変です。そこで、スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作して周囲の写真を撮影できるアプリのニーズは少なくありません。「Cerberus(ケルベロス)」というセキュリティアプリもその1つ。しかし、そのコマンドを悪用する人もいるのです。


スポンサーリンク
スマホが遠隔操作される「ケルベロス」コマンド

スマホの遠隔操作するコマンド

ケルベロスの使い方は、ターゲットとなるスマホにケルベロスをインストール。アカウントを作成したら、、状態を有効にしておきます。続いて「Protect device admin」と「Block Power Menu」にチェックを入れるのです。

さらに「アプリ一覧画面から隠す」にチェックすると、スマホのホーム画面に表示されなくなります。これでPCのブラウザから、スマホ画面にメッセージを出したりという遠隔操作コマンドが使用可能になるのです。

実際にPCのブラウザからアクセスすると、スマホの現在地が表示されます。これでリアルタイムにターゲットとなるスマホの場所が把握できるというわけ。周囲の音をマイクで拾えるので、スマホを盗聴器化することも可能です。

スマホ遠隔操作で情報漏洩対策

ケルベロスのおもな遠隔操作コマンドは、デバイスロックやGPS機能を利用した位置特定、スマホ内部のデータ消去、画像の撮影や音声の録音など。いずれも本来はスマホを紛失した時に利用する機能です。

いわばスマホからの個人情報漏洩対策に有効なコマンドを装備しているのがケルベロス。しかし、それは同時に、第三者に悪用されればユーザーのさまざまな個人情報を盗むための強力なツールになるということです。

実際、ケルベロスを元恋人のスマホに仕込んでストーキングしたことで、実際に逮捕された人もいるほど。不用意なプライバシーの漏えいを避けるためにも、こういった遠隔操作アプリがあることを知っておくことは大切であしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事