ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Wi-Fiスポットの情報漏洩をTorブラウザで防止

無料で使えるフリーWi-Fiスポットが街中で普及し、大変便利です。しかし、セキュリティを考えずにそのまま接続すると、Wi-Fiスポット提供者に利用者のアクセス先が分かってしまったり、通信が傍受されてしまう危険性をはらんでいます。Wi-Fiスポットの情報漏洩はTorブラウザで防止しましょう。


スポンサーリンク
Wi-Fiスポットの情報漏洩をTorブラウザで防止

Torブラウザで通信経路を暗号化

Wi-Fiスポットの情報漏洩を防止するなら、匿名ブラウザ「Tor」の出番です。「Tor」とは複数のサーバを経由することで、アクセス元を隠す技術。この技術を簡単に使えるようにしたTorブラウザになります。

通常、アクセス解析を行えば、Webサイト閲覧者のアクセス元(プロバイダやIPアドレス)が判明し、個人特定につながります。ここでTorブラウザを使うと、通信経路を暗号化できるのです。

すると、インターネットサービス事業者やWebサイト運営者からのユーザー情報の収集を防ぐことができるというわけ。通信内容も保護されるので、安全なネット通信が実現できます。

Torブラウザで匿名通信ができる

iPhoneの場合に利用するTorブラウザは「Onion Browser」。無料アプリです。アプリをインストールして開くと、Torへの接続が始まります。「successfully connected」の文字が出れば接続成功。匿名通信が行えます。

Androidの場合は「Orbot」と「Orfox」を使用します。どちらも無料アプリです。「Orbot」の「スタート」をタップすると、Tor通信が確立。ここでTor通信対応ブラウザの「Orfox」を起動します。

画面に「Congratulations」のメッセージが出れば接続は成功です。無料のWi-Fiスポットで人には言えないような動画を楽しんでも、アクサエス先がばれることはありません。安心して楽しめるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事