ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災アプリは国土地理院のお墨付きを使うべし

さまざまな防災アプリが用意されていますが、実際にどれを使うべきか迷ってしまうところ。そんなときは、国土地理院のお墨付きの防災アプリを使うのが安心です。そこで、2015年に認定された防災アプリを2つ紹介します。どちらも優れた防災アプリなのでインストールしておきましょう。



スポンサーリンク
防災アプリは国土地理院のお墨付きを使うべし

防災アプリを国土地理院が選定

国土地理院は2014年より防災アプリを公募し、優秀なアプリを選定しています。2015年は避難誘導支援部門で「goo防災アプリ」、リスクコミュニケーション部門で「ARハザードスコープ鎌倉市版」が防災アプリ賞を受賞しました。

goo防災アプリは被災時に役立つ機能を詰め込んだ万能アプリです。災害情報や周囲施設の確認、安否情報の登録など被災時に役立つ必要機能が1本にまとまっています。

防災マップを開くと避難所や病院、交番、公衆電話など周囲の施設をマップ上で確認できます。また、キャリアの防災アプリのように、安否情報を登録・確認可能。離れた家族に、集合場所や自分の状況をすばやく伝える機能もあります。

防災アプリで安全な避難ルート

ARハザードスコープは、避難時に安全なルートを見つけるのに役立つ防災アプリ。受賞したのは鎌倉市版ですが、「ARハザードスコープLite(東京23区版)」なども用意されています。

この防災アプリは、移動をサポートしてくれるAR(拡張現実)が便利です。カメラを通した実写画面に、避難所などのアイコンが表示されるので方向がよく分かります。画面下部のマップにその地域の安全度を色分けして表示可能です。

今後起こりうる被害を表示する機能も搭載。液状化など予想される被害をマップ上に表示してくれるので、危険な地域を避けて移動できるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。(文/中谷仁)

■「防災アプリ」おすすめ記事
災害情報の通知アプリなら「Yahoo!防災速報」
地震速報アプリで情報共有「ゆれくるコール」
安否確認をスマホの利用状況から判断するアプリ
防災アプリはYahoo!とgooを入れておけば十分

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
土嚢ならコンパクトに保管できるアクアブロック
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする

 

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。