ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

写真のデータ化をiPhoneで行うためのアダプタ

紙焼き写真のデータ化がiPhoneを使って簡単にできるのが「Omoidori」です。iPhoneをセットして写真の上にセットすれば、ワンタッチで内部LEDによる2方向からのフラッシュ撮影を実行。即座に写真を合成して、美しくデータ化してくれます。写真のデータ化を手順を詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
写真のデータ化をiPhoneで行うためのアダプタ

写真のデータ化をiPhoneで行う

「Omoidori」は、手持ちのiPhoneをセットして写真の上に乗せ、専用アプリで撮影すれば簡単にデータ化できる機器。写真のデータ化をiPhoneで行うためのアダプタとアプリのセットです。

実際に写真をデータ化する手順を見ていきましょう。まずは写真のセットから。写真が曲がっている場合は、別売りのフォトプレッサー(実勢価格2,700円)で押さえて伸ばします。

続いて、専用アプリで撮影です。アダプタにiPhoneをセットして専用アプリでボタンをタップ。内蔵のLEDが光って写真をiPhoneでデータ化します。もちろん、専用アプリ「Omoidori」は無料で入手可能です。

データ化した写真をアプリで編集

必要であれば、データ化した写真をアプリで編集できます。トリミングや赤目を抑えるといった処理が可能です。撮影日時を入力して管理もできます。

この製品のスキャン範囲はL判と2L判写真。対応しているiPhoneは6s/6/SE/5s/5となっています。サイズは112W×142H×158Dmmで、重さは310gです。電源は単4形乾電池×2本。実勢価格は12,800円です。

内蔵LEDが2基あり、2方向から交互にフラッシュ撮影するので均等に光が回り、写真を美しくデータ化可能。即座に写真を合成する技術は特許出願中です。2L判まで対応しているので、写真のデータ化はこれ1台で十分でしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

■「写真データ化」おすすめ記事
写真をデータ化するならフィルムをデジカメ撮影
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし

■「写真」おすすめ記事
写真販売で稼ぐ!アマチュア写真を売る方法
証明写真はアプリを使えばたったの30円!
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
Flickrの使い方をマスターして写真をアップ
iPhoneの写真加工アプリなら「AutodeskPixlr」
写真加工アプリが無料「Photoshop Express」
写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ
忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事