ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneをロックのまま操作できる危険性に注意

iPhoneは指紋認証がかかっているので、ロック中は誰も操作ができないと思っている人も多いでしょう。しかし、iPhoneをロックのままメールを送ることができるウラ技があります。このため、iPhoneのロックを過信するのはとても危険。ロック中に音声認識の「Siri」が使える設定はオフにしたほうが賢明です。


スポンサーリンク
iPhoneをロックのまま操作できる危険性に注意

iPhoneはロックのままメールできる

iPhoneは、指紋認証やパスワードによりロックがかかっているため、他人の端末を勝手に操作することはできません。しかし、パスワード入力をせずに、ロックされたまま他人のiPhoneを操作して勝手にメールを送信するウラ技があります。

このため、iPhoneはロックしてあるからと安心するのは危険。他人に勝手に操作される可能性があるのです。iPhoneをロックのままメールするには、音声認識でiPhoneを操作するアプリ「Siri」を用います。

具体的なウラ技は、ホームボタンを長押ししてまずは「Siri」を起動。Siriに「通話履歴」と話します。すると、最新の通話履歴が表示されるので、名前をチェックするのです。

iPhone設定でロック中はオフにする

メールを送りたい人の名前が事前に分かっていれば、通話履歴を確認する必要はありません。送信したい相手の名前が分かったら、今度はSiriに「ショートメッセージ」と話します。

「どなたにメッセージを送信しますか?」とSiriに聞かれるので、ここで送信したい相手の名前を告げるのです。あとは「どんなメッセージを送りますか?」の問いに対して、送りたいメッセージを話して、最後に「送信」をタップします。

このようにiPhoneはロックのままでもメールを送るウラ技があるのです。iPhoneのSiriの設定で「ロック中にアクセス」をオフにしておくなど、しっかり対策をしておいたほうがよいでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事