ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのデータを他の端末に丸ごとコピーする

iPhone内のファイル管理にはApple公式のiTunesを使用します。しかし、iTunesのバックアップはどこに保存されているか分かりにくいのが難点。そこで、iPhoneのバックアップをiTunesを経由しないで行う方法を紹介しましょう。すると、iPhoneのデータを他の端末に丸ごとコピーできるようになるのです。


スポンサーリンク
iPhoneのデータを他の端末に丸ごとコピーする

iPhoneを直接バックアップ可能

「CopyTrans」シリーズは、iPhoneのさまざまなファイルがバックアップができる非公式の管理ソフト群になります。PCに接続してファイルをフォルダに放り込むだけで、写真や連絡先などを直接バックアップ可能です。

CopyTransシリーズは、用途別に用意されています。例えば、写真・動画ファイルを簡単にパソコンに保存できる「CopyTrans Photo」や、連絡先やカレンダー、メモなどをバックアップできる「CopyTrans Contacts」などです。

ここでは総合バックアップソフトの「CopyTrans Shelbee」を試してみましょう。iPhone内の連絡先・カレンダー・カメラロール写真・アプリ・メールなどに対応。ファイルの復元も簡単に行えます。

iPhoneデータを丸ごとコピー

iPhoneのバックアップをiTunesを経由しないで行う方法は、まず「CopyTrans Control Center」で、使いたいソフトの選択から。「CopyTrans Shelbee」を選択してインストールします。

USBでiPhoneとPCを接続。「バックアップ」か「リストア」をタップして、作業を始めます。保存場所や保存するファイルを選択してバックアップスタート。バックアップに成功するとその旨が画面に表示されます。

ここで、他のiPhone端末をPCに接続して「CopyTrans Shelbee」で「リストア」を選択。すると、アプリの中身など含めてiPhoneのデータが丸ごとコピーされて復元できました。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事