ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneカメラの知られざる機能を完全マスター

限りなく本格カメラに近づいた、スマホのカメラ機能。特に、iPhone6では手ぶれ防止技術やスローモーション機能を搭載し、クオリティの高い写真・動画が手軽に撮影できるようになりました。ここでは、知られざるiPhoneのカメラ機能を紹介していきます。



スポンサーリンク
iPhoneカメラの知られざる機能を完全マスター

iPhoneカメラのAE/AFロック

まずは、iPhoneカメラの便利な機能といえば、明るさとピントを固定するモード「AE/AFロック」です。AEは自動露出、AFはオートフォーカスを表します。

画面の暗い部分・明るい部分を長押しすると、露出調整後にロック。画面上部に文字が表示されたら、オートフォーカス枠を撮りたい対象に向ければベストな状態で撮影できます。

iPhoneカメラは最大999枚連写し続ける「バーストモード」を搭載。カメラの撮影ボタンを押し続けると、自動的に1秒間10枚、最大999枚まで連射し続けます。動物や赤ちゃんなど、一瞬の表情を捕らえたい撮影に最適です。

iPhoneカメラのスローモーション

なんでもダイナミックな映像になるのがiPhoneカメラの「スローモーション」。文字どおり、時間を引き延ばしたようなスローモーション撮影が行える機能です。1秒間に120コマか240コマの撮影が可能。撮影後は再生画面で、コマの再生速度を調整できます。

iPhoneカメラには、水平・垂直に整った写真が撮れる「グリッド表示」もあります。キチンと水平を取って撮影すると、写真がよりプロっぽく見えるもの。そんな時便利なのがグリッド表示です。撮影時の水平や垂直の確認に使えるだけでなく、バランスのよい構図を考える際にも便利でしょう。

グリッドの設定はカメラアプリ内ではなく、iPhoneの「設定」→「写真とカメラ」内にある「カメラ」でグリッドをオンにします。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(文/すたみな花子)

■「iPhoneカメラ」おすすめ記事
無音カメラはiPhoneならマナーカメラが定番
iPhoneのカメラ機能が大幅アップするアプリ
iPhoneのカメラ機能を監視に使う裏ワザアプリ
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
iPhone6のカメラ新機能で高クオリティ動画

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事