ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneの脱獄とは不正アプリの標的になること

iPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)とは、通常では使用できないアプリが使えるなどアップルのさまざまな制限を解除する行為。しかし、それは同時にマルウェアなど不正アプリの標的になることでもあります。iPhoneの脱獄ユーザーを対象とした不正アプリの実態を見ていきましょう。



スポンサーリンク
iPhoneの脱獄とは不正アプリの標的になること

iPhoneの脱獄とは制限を解除する

アップルのさまざまなセキュリティ対策の効果で、iPhoneの安全性は極めて高くなっています。にもかかわらず、iPhoneをターゲットとしたマルウェアは、すでに出現。iPhoneの脱獄ユーザーを標的にしたものです。

ikeeの技術を応用したこれらの攻撃は、脱獄が行われたiPhoneユーザーが標的です。iPhoneの脱獄とは、ハードウェアのセキュリティホールなどを突いて、本来設けられているさまざまな制限を解除する行為です。

メーカー側は製品が開発側の意図に反する方法で扱われることを防ぐために、ハードウェアに制限を設けています。iPhoneの脱獄でこの制限を解除すると、通常では使用できないアプリなどを使えるようにできるのです。

iPhoneの脱獄の大きなデメリット

しかし、iPhoneの脱獄は端末の可能性を広げるメリットがある反面、セキュリティ強化のために設けられていた制約もなくなるという大きなデメリットを生じさせます。ここにつけ込んだのがiPhoneの脱獄ユーザーを狙ったマルウェア「ikee」です。

2009年末に発見されたikeeは、プログラムそのものはiPhoneの壁紙を書き換えたりする程度の、いわば愉快犯的な内容のものでした。しかし、このikeeと同様の手法を利用した不正アプリによって、海外では実際にサイバー犯罪が起きています。

感染したiPhoneに「このiPhoneはハックされた」などの架空の警告を表示するのです。その画面に表記されたURLにアクセスして、問題解決のための有料サービスを受けるよう促すというもの。これはパソコンでは、お馴染みのユーザーを脅してお金を巻き上げる「ランサムウェア」と呼ばれる手法です。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「iPhoneセキュリティ」おすすめ記事
iPhoneのセキュリティがAndroidより高い理由
iPhoneのセキュリティを破ったアプリとは?

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事