ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析

PCに保存されているiPhone(iTunes)のバックアップデータを解析し、PC上で閲覧できる管理ソフト。その決定版といえるのが「iPhoneアナライザー2」でしょう。iPhoneアナライザー2の大きな特徴はLINEのトーク履歴を閲覧・保存できること。iPhoneアナライザー2の実力をテストしました。



スポンサーリンク
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析

iPhoneアナライザー2でLINE解析

iPhoneアナライザー2はバックアップデータ(暗号化されたデータは不可)の閲覧できるソフト。加えて、1度iPhone端末のパスコードを解除してiTunesと連動させておけば、iPhone端末自体からも通話履歴や写真データの取得が可能です。

しかもiPhoneアナライザー2は他の解析ソフトと異なり、LINEのトーク履歴の閲覧・保存も行えます。これは大きな特徴です。その性能に目を付けたプロの探偵も調査に利用しているとか。その実力をテストしてみました。

iPhone端末をLightningケーブルでPCに接続。iPhoneアナライザー2を起動し、本体から解析を選びます。そして、アプリデータタブの「Line」をクリックするのです。

iPhoneアナライザー2はPro版が必要

これだけの作業で、LINEのトーク履歴がiPhoneアナライザー2で閲覧が可能です。トーク内容は、相手やグループごとに分けて表示できます。

iPhoneアナライザー2は通常版の価格が9,800円、Pro版が19,800円。LINEの解析にはPro版が必要になります。対応OSはPC側がWindows10/8.1/7、iOS側がiOS9以上です。

LINEのトーク履歴のほか、iPhoneアナライザー2ではさまざまなデータが解析可能。Safariのアクセス履歴や通話履歴、メッセージ履歴、写真/動画、連絡帳、画像の時系列管理、削除写真の復元などです。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「iPhone裏ワザ」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。