ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEスタンプ作成はスマホのみで完結する

LINEスタンプ界が今、大きく動いています。一律120円だった価格が、240円、360円、480円、600円から選択が可能に。スタンプ審査期間は3か月→5日間に短縮されたのです。しかも、LINEスタンプ作成はスマホのみで完結。LINEスタンプを作成して販売するまでの流れを見てみましょう。



スポンサーリンク
LINEスタンプ作成はスマホのみで完結する

LINEスタンプ作成で稼げる環境

アプリの充実によりスマホのみで、LINEスタンプを作成から販売まで行えるようになりました。収益分配率が50%→35%にダウンしたのが唯一残念な点。とはいえ、LINEスタンプ作成で稼げる環境が以前よりも整いつつあります。

実際に、LINEスタンプ作成をiPhoneだけでやるとしたら、イラストを描くには「Adobe illustrator Draw」を利用。「Brushes」でサイズを調整して、「Eraser」で背景を透明化します。

もちろん、AndroidでもLINEスタンプを作成することが可能。「お絵かき広場PRO」でイラストを描いて、「写真・画像リサイズ&画像編集」でサイズ調整、「背景透明化」で背景を透化します。

LINEスタンプを作成したら登録

LINEスタンプの作成は、イラストの制作からスタート。40パターンほどイラストを作ったらサイズ調整で1Mバイト以下にします。背景の透明化では消し残しは徹底的にチェックしましょう。

LINEスタンプが作成できたら、クリエイターズマーケットにログイン。「マイページ」→「新規登録」でタイトルや説明文を入力します。さらに価格や販売エリアを設定。海外ユーザーも販売対象にできます。

作成したLINEスタンプを登録したら「リクエスト」から審査スタートです。この審査に通過すれば、いよいよ「LINE STORE」で作成したLINEスタンプが販売可能になります。

■「LINEスタンプ」おすすめ記事
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEスタンプを作成して登録するまでマニュアル
LINEスタンプの作成で1か月で6万円の売上!

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事