ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE位置情報を利用して居場所を知らせる方法

電話やメールと並んで今やメッセージアプリ「LINE」は、連絡ツールの必需品として定着しました。災害時には電話回線が輻輳して、家族や友人に電話がつながりにくくなります。そんな状況を想定して、LINEには緊急時に役立つ機能も盛り沢山。LINE位置情報を利用して居場所を知らせる方法を紹介します。



スポンサーリンク
LINE位置情報を利用して居場所を知らせる方法

LINEの位置情報で地図が表示できる

LINEのトークでは、自分の現在地の住所と地図を送れます。トークルーム画面左下の「+」マークから「位置情報」を選ぶと、地図が表示。スマートフォンのGPS機能をONにしていれば、自分の居場所がトーク画面に表示されるのです。

現在地以外の位置情報は、地図上からその位置を指定します。上部の検索枠に地名や、店名を入力してもよいでしょう。受信者は地図右上のボタンを押すことで、自分の現在位置から送られた位置までの経路検索が簡単に行えます。

避難場所や緊急時の対応など、共有しておきたい情報は「ノート」機能に記録しておきましょう。さらにノートは、位置情報と連動させられるので、住所と地図の形式で居場所の確認が可能です。ノートをチェックすれば家族・知人と合流できるようにしておきましょう。

LINEのステータスメッセージ活用法

具体的には、ノートのテキスト部分に、緊急のメッセージや取り決めを書き入れておきます。平時から家族や友人グループなどで、共有しておくのです。連絡が取れない状況でも、ノートで確認した避難場所で落ち合うことも可能。画像・動画の投稿もできます。

LINEのプロフィール写真下の簡単な自己紹介に利用する「ステータスメッセージ」。LINE公式サイトでは、緊急時に自分の現状を「友だち」に登録しているすべての人に知らせる方法として活用するよう案内されています。

ステータスメッセージはグループ登録をしていなかった相手など、不特定多数の一斉安否確認が可能なことが強み。これまで20文字制限でしたが、バージョンアップによりAndroid版、iPhone版ともに500文字まで入力可能となりました。(文/福田信哉)

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事