ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE Outで通話料が最大95%も安くなる

LINEには固定電話や携帯電話に発信する電話機能があります。この機能は「LINE Out」といい、通話料が激安。キャリアの通話し放題プランに契約していないなら、こちらで発信した方が断然お得です。とくに固定電話への発信は、大手キャリアに比べて最大95%も安くなります。



スポンサーリンク
LINE Outで通話料が最大95%も安くなる

LINE Outの通話料はだいぶお得

LINE Outの料金プランは有効期限180日の「コールクレジット」(iPhoneは期限なし)と、30日の利用期限がある「30日プラン」の2つ。30日の間に約60分以上通話するなら、「30日プラン」を選んだ方がお得です。

30日プランは、購入から30日間、60~120分まで話せるプラン。コールクレジットは、利用する金額を前もってチャージするプランでs。LINE Outの設定からは240コールクレジットしか購入できませんが、LINE STOREなら最大6,000クレジットまで購入可能です。

具体的なLINE Outの通話料は、コールクレジットが固定電話へ「3円/分」、携帯電話へ「14円/分」となっています。これが30日プランはそれぞれ「2円/分」と「6.5円/分」です。大手キャリアは固定電話へも携帯電話へも「43.2円/分」ですから、だいぶお得に通話できます。

LINE Outの通知は通常と同じ

LINE Outの設定は、右下の「その他」をタップ。「LINE App」を選び、「Call」をタップします。ダイヤルボタンを押し、「利用開始」をタップ。これでLINE Outの利用が可能となるのです。

ダイヤルが表示されたら「CREDIT」ボタンをタップ。クレジット購入画面を開きます。「コールクレジット」か「30日プラン」を選ぶ。iOS端末はiTunesStore経由の決済となります。

LINE Outの発信は、ダイヤル画面で電話番号を入力。番号の一部を入力すると、電話帳の連絡先が候補として表示されます。電話番号を入力したら発信。相手には、通常の電話から発信した場合と同じように通知されます。

LINE Outを頻繁に使うなら、ホーム画面にショートカットを作成しましょう。ダイヤル画面から設定を開き、「ホーム画面にショートカットを作成」を選択。これでホーム画面からLINE Outをワンタップで開けるようになります。

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。