ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

今さら聞けないLINEのメイン4画面を復習する

LINEには「友だち」「トーク」「タイムライン」「その他」の4画面が用意されており、画面下部のメニューから切り替えられます(Androidの場合は上部)。ここから各種機能や設定を開くので、LINEを導入したら最初に確認しておきましょう。特に「友だち」と「トーク」画面は重要です。



スポンサーリンク
今さら聞けないLINEのメイン4画面を復習する

LINEの友だちは表示名を変えられる

LINEの「友だち」は友だちを追加・管理する画面です。トークルームを作ったり、無料通話の発信もできます。仲のいい友だちはお気に入り登録しておくと、上部に表示されるので使いやすいでしょう。

友だちを選択後に「★」をタップしてお気に入り登録が可能。さらには、名前をタップして表示名を任意で変えられます。女性名から男性名にしておく…という使い方もできるのです。

LINEの「トーク」はトークルーム一覧が表示され、友だちとのトークを管理できる画面。「友だち」でトークルームを作成すると、それ以降はここからすぐに開けます。LINEで最も使うのはこのトークです。

LINEで困ったら「その他」を開く

LINEの「タイムライン」は、近況を投稿して友だちと交流する機能。画面上部にはニュースが表示され、シェアもできます。ただし、設定によっては不特定多数の人に投稿が見えるので事前の確認は必須です。

投稿には写真や位置情報などを添付でき、公開範囲も指定可能。Facebookと同じ感覚で利用できます。

LINEの「その他」は、LINEの設定のほとんどがまとめられている場所。困ったことがあったら、ここを開いて確認しましょう。また、LINEが提供するポイントなどの各種サービスもここで確認します。

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事