ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEで年齢確認しないと使えない3つの機能とは

LINEでは18歳未満のユーザーがトラブルに巻き込まれないように、LINEで年齢確認しないと、一部の機能が制限されています。この制限を解除するにはLINEの年齢認証を行う必要があります。LINEで年齢確認しないと使えない機能は「ID検索」「電話番号検索」「IDによる友だち追加」の3つです。



スポンサーリンク
LINEで年齢確認しないと使えない3つの機能とは

LINEの年齢確認で制限される機能

多くのユーザーが利用するLINEでは、インターネット掲示板やSNSで18歳未満のユーザーに「お金をあげるから直接会おう。そのためにLINEのIDを教えてほしい」といった誘いをかけて事件が起こることもありました。

そこで、LINEではユーザーに対して年齢確認を行うようになったわけです。LINEの年齢確認を行わないと、18歳未満のユーザーと同様に一部の機能が制限されてしまいます。

LINEの年齢確認で制限される機能は「ID検索」「電話番号検索」「IDによる友だち追加」。IDや電話番号で友だちを検索する機能が利用できないほか、ほかのユーザーが自分のIDを検索して友だちに追加する機能がオフに設定されます。

LINEの年齢確認はキャリアと照合

LINEの年齢確認は、NTTドコモ、au、ソフトバンクが提供している「年齢判定サービス」と照合して行います。なお、NTTドコモの場合は、LINEで年齢確認を行う前に利用者情報を登録する必要があるので注意しましょう。

LINEの年齢確認手順は、LINEを起動したら画面右下の「…」→右上の「歯車」をタップして設定画面を開きます。そして、設定項目にある「年齢確認」をタップ。登録時に年齢認証が済んでいる場合は項目が存在しない場合があります。

「年齢認証結果」という部分をタップすると、本当に年齢確認を行うかを確かめるポップアップが表示されるので「年齢確認」をタップしましょう。利用しているキャリアの会員ページが表示されるので年齢確認を行ってください。この情報は『LINE活用テクニック』に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事