ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を探す

LINEのトーク履歴から目的の会話を探そうとして、ひたすらメッセージを過去にたどっていった経験は誰にでもあるはず。そんなときは、LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を手早く探しましょう。LINEのトーク履歴は「友だち」画面もしくは「トーク」画面から検索可能です。



スポンサーリンク
LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を探す

LINEのトーク履歴を一斉検索

LINEで友だちと頻繁にやり取りしていると、過去のメッセージが埋もれて大事な情報が見つからなくなることも。そんな時に役立つのが、「友だち」画面の最上部にある検索ボックスです。

ここに検索ワードを入力すると、LINEすべてのトーク履歴を一斉検索して、該当するメッセージを即座に発見できます。検索対象はメッセージに限りません。友だち、公式アカウント、周囲のお店なども検索できます。

また、LINEのトーク履歴は「トーク」画面からも検索可能。Androidなら上部にある虫眼鏡のマークをタップ、iPhoneならトークルーム一覧を下にスワイプすると、検索ボックスが表示されます。

ただし、非表示中のトークルームは検索されません。非表示のトークルームも検索したい場合は、トークルームを作り直しておきましょう。

LINEのトーク履歴の会話を探す

そもそもトークルームを非表示にするには、一覧で左にスワイプして「非表示」か「削除」から非表示を選びます。こうして非表示にした場合は、もう一度トークルームを作ることでトーク履歴を復活させられるのです。

実際に、LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を探す手順を見てみましょう。まずは「友だち」画面の最上部にある検索ボックスを選択します。検索したいキーワードを入力しましょう。

検索結果には、該当するメッセージがあるトークルームが表示。複数のメッセージがある場合は一覧が表示されます。確認したいトークルームを選べば、目セージの確認が可能です。

表示された該当メッセージは検索ワードがハイライト表示されています。これでLINEのトーク履歴から目的の会話を確認することができるでしょう。(文/中谷仁)

■「LINEトーク履歴」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事