ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの裏アカウントを格安SIMで大量入手する

LINEアカウントは電話番号1つにつき、1つ作成できます。つまり、複数の電話番号が用意できれば、その分だけアカウントが作れるわけです。とはいえ、キャリアで複数回線を契約すると、当然高額になります。そこで、LINEの裏アカウントを格安SIMで大量入手する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
LINEの裏アカウントを格安SIMで大量入手する

LINEでアカウントを大量入手する

LINEでアカウントを大量入手するのに役立つのが、安価で複数の電話番号を持てる格安SIMです。シェアプランを利用すれば、LINEの裏アカウントの作成が可能。また、プリペイド式の海外SIMなら維持費がかからずに裏アカウントが作成できます。

裏アカウントを作るには、LINEをアンインストールして再インストール。「新規登録」をタップします。LINEアカウントを登録していない電話番号でSMS認証。Facebookアカウントでも裏アカウントを作成できますが、機能が制限されます。

LINEの裏アカウントの作成はシェアプランのある格安SIMが便利です。なかでも、大量のアカウントが必要なら「IIJmio」がおすすめ。IIJmioは最大10枚までのSIMを同時に利用できます。大量のアカウントを作りたいならここ一択でしょう。

海外SIMでLINEのアカウント作成

価格で選ぶなら「OCN モバイル ONE」。SIMカードが3~5枚でいいなら、OCN モバイル ONEが安くておトク。最大で5枚まで利用できます。枚数とコストをIIJmioと比較して、使い分けるのがよいでしょう。

秘匿性の高い海外SIMでもLINEの裏アカウントは作成できます。日本の格安SIMでは年齢認証がありますが、海外SIMの場合はこれがスキップ。年齢認証がないのでID検索もOKです。

「跨境王」は 実勢価格1,480円の中国のプリペイドSIM。2つの電話番号が付属しています。「トラベルSIMデータ」は実勢価格2,000円のエストニア経由のプリペイドSIM。チャージ額0円でも待ち受けとして使えます。

■「LINEアカウント」おすすめ記事
LINEアカウントを匿名ケータイで作れるか検証
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事