ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのトークが監視できるAndroidアナライザー

「Androidアナライザー」は、スマホでやり取りしているLINEのメッセージをPCでリアルタイム監視できるツール。ターゲットのスマホと連動させておけば、どんなやり取りもすべて丸見えです。ただし、こっそり仕込むのはNGなので、何とかして相手の了解を得ておきましょう。



スポンサーリンク
LINEのトークが監視できるAndroidアナライザー

AndroidアナライザーでLINE監視

Androidアナライザーは、専用アプリをAndroidスマホにインストールしておくと、PCからスマホの情報を抜き出したり遠隔操作できたりするツールです。LINEの監視のほか、通話履歴の取得やSMSメッセージのログ収集、GPS情報の受信、カメラの遠隔撮影などが可能。価格は19,800円です。

なお、LINEのリアルタイム監視は、対応バージョンが限定されています。事前にAndroidのバージョンをチェックが必要です。AndroidOSが4.1~5.0未満の端末が利用できます。

さっそくAndroidアナライザーによるLINE監視のやり方を見てみましょう。まずPCにAndroidアナライザーをインストールしたら、監視対象のスマホをUSBケーブルでPCにつなぎます。

Androidアナライザーで丸見え

スマホの「ユーザー補助」画面で「AndroidAnalyzer」の項目を有効化してください。続いて、PCのAndroidアナライザーで「LINE」を選択。「トーク取得」をクリックすると、LINEのメッセージが丸見えになるのです。

なお、iPhone用には解析ツール「iPhoneアナライザー2」もあります。AndroidアナライザーのようにLINEのリアルタイム監視は非対応ですが、iPhone本体を解析してLINEのトークを丸ごと抜き出すことは可能です。

このほか、連絡帳、通話履歴、写真・動画などもバックアップできるため、悪用されるとプライバシーが丸裸になってしまいます。iPhoneアナライザー2の価格もAndroidアナライザーと同じ19,800円です。

■「LINEトーク」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事