ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEふるふるは周囲のユーザーIDを勝手に取得

LINEの連絡先を簡単に交換できる「ふるふる」機能。これを悪用して、他人のIDを収集する方法があります。GPSがオンでLINEが起動していたりすると時折、相手側は意図せずにIDを受けることができるのです。LINEの「ふるふる」機能について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
LINEふるふるは周囲のユーザーIDを勝手に取得

LINEのふるふるでIDを取得する

LINEの「ふるふる」は、一緒にいる友だちと端末を振ることで友だちになれる機能です。ただし、LINEのふるふるは、端末のGPSがオンになっていると、振らなくてもIDを発信…受け手側はその端末のIDを取得できてしまうケースがあります。

まずは、LINEの「ふるふる」で友だちを追加する方法を見てみましょう。「友だち追加」で画面上部にある「ふるふる」をタップすると、iPhoneでは位置情報の利用について許可を求められます。「許可」をタップしましょう。

あとは、友だちと一緒に端末を「ふるふる」するだけ。端末を振るか画面をタップすると、追加したい相手との通信を行います。電波の通信状態が悪くて失敗する場合は、場所を変えて再度試してみましょう。

LINEのふるふるで友だち申請

LINE上で「ふるふる」した相手が見つかると「友だち?」欄に表示されます。周辺の公式アカウントも一緒に表示されます。チェックを入れて画面下部の「追加」をタップすると、相手に友だち登録のリクエストが送信されます。

このように、LINEの「ふるふる」はGPSをオンにして端末を振ると、周囲にいるスマホユーザーのIDを取得できる機能です。友だち申請ができ、メッセージを送れるようになります。

中には、LINEの「ふるふる」を利用して、個人情報を売買しているグレーな会社にそのIDを売り捌いて小銭を稼いでいる輩もいるとか。LINEの見知らぬ人からの友だち申請にはくれぐれも注意しましょう。

■「LINEふるふる」おすすめ記事
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事