ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEをガラケーで使うとトークが既読にならない

いまや家族や友だちとのコミュニケーションに欠かせない存在となったLINE。スマホの普及に伴って一気にユーザー数を増やしました。そんなLINEは、じつはガラケーでも利用可能。ただし、通知やスタンプなどの多くの機能が制限されます。LINEをガラケーで使うとトークが既読にならないのです。


スポンサーリンク
LINEをガラケーで使うとトークが既読にならない

LINEはガラケーだと機能が制限

今やLINEは誰もが使っているため、利用していないと友人たちからハブにされる可能性も…。LINEはスマホ向けに開発されたツールですが、じつはガラケーでも利用は可能です。

タブレットとの2台持ちの人もぜひ登録しておきましょう。LINEをガラケーで使うには、LINE公式サイトのQRコードから登録ページを開いて空メールを送信。送られてきたURLで利用名を登録するだけです。

アカウントを作成して友だちを登録したら、トークルームを作りましょう。これでガラケーからLINEのトークが楽しめるというわけです。ただし、LINEのガラケー版は多くの機能が制限されます。

LINEのガラケーは既読にならない

LINEをガラケーで使うときはメッセージの送信はできますが、通知は利用できません。スタンプの利用もNGです。画像の受信やトークの背景変更などは利用できます。大量のデータ通信も発生するので通信料には注意が必要です。

LINEをガラケーで使うとトークは手動更新が必要。既読機能も利用できません。すなわち、LINEのトークをガラケーで見ると既読にならないのです。ただし、スマホ側からはガラケーの既読は確認できます。

なお、ガラケーにAndroid OSを搭載した「ガラホ」の場合は、中身はスマホ。機能制限なしでLINEをフル活用できます。もちろん、スタンプや通知、既読機能も利用可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事