ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEスタンプをスマホで自作して売ってみた

LINEスタンプを自作して一山当てたいと思っている人は多いはず。しかも、アプリの充実によりスマホのみで制作・販売まで可能になりました。そこで、LINEスタンプを実際にスマホで自作してマーケットに登録。あの手この手でLINEスタンプを販売促進することで、1か月で5万円の利益を上げられました。


スポンサーリンク
LINEスタンプをスマホで自作して売ってみた

LINEスタンプが自作できるアプリ

数か月待ちだったLINEスタンプの審査期間は平均5日まで短縮。一律120円だった価格も240円、360円、480円、600円から選択可能になり、LINEスタンプを自作して販売するハードルがかなり低くなっています。

スマホでLINEスタンプが自作できるアプリも充実。iPhoneでLINEスタンプを作るなら「Adobe illustrator Draw」でイラストを描き、「Brushes」でサイズを調整、「Eraser」で背景を透明化するといった具合です。

Androidスマホでは「お絵かき広場PRO」でイラストを描いて、「写真・画像リサイズ&画像編集」でサイズを調整、「背景透明化」で背景を透化します。自作したLINEスタンプは、クリエイターズマーケットにログインして登録します。

自作LINEスタンプの利益は5万円

LINEスタンプを登録したら、「リクエスト」から審査スタート。審査に通過すれば、いよいよLINE STOREで販売可能になるのです。ただし、このままでは他の自作LINEスタンプに埋もれてしまいます。

LINEスタンプを売る1番の近道は、ランキング上位につけることです。友人に無料配布したりSNSで宣伝したりして販促を強化したいところ。多少の出費は広告料と割り切りましょう。

登録直後は130位でしたが、順位が76位になったこともあり、発売1か月で6万円超ほどの売り上げを記録。120円の自作LINEスタンプを約100人に無料配布したため、宣伝費は12,000円ほどと計算しても、利益は5万円弱となりました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事