ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

今さら聞けないLINE既読にならない読み方4つ

今や欠かせない連絡手段となった「LINE」は、相手がメッセージを読んだかどうかがわかる既読マークが便利です。とはいえ、忙しい時にメッセージを読んだままにしておくと、既読スルーと思われないか心配という人も多いでしょう。そこで、LINEで既読にならないメッセージの読み方を4つ確認しておきます。


スポンサーリンク
今さら聞けないLINE既読にならない読み方4つ

LINEで既読にならない通知を利用

ご存じの通り、LINEではメッセージを読むと相手に既読の通知が届いてしまうため、「すぐに返信しなくては!」とプレッシャーを感じてしまいがち。しかし、通知でメッセージのプレビューを読む分には既読にならないのです。

LINEで既読にならない読み方の設定方法は、LINEの通知を有効にしておけばOK。ロック画面や通知センターに、メッセージのプレビューが並びます。通知センターならいつでも読み返せるでしょう。

Androidでは、通知が一覧表示されないので確認しにくいのが難点。そこでアプリの「ちらみ」を導入するのが2つめの読み方。既読にならない通知をまとめてくれるため、読みやすくなります。

LINEで既読にならない機内モード

既読にならない3つめの読み方は、機内モードにしてすべての通信を遮断する方法。これならトークルームを開いても既読にならないのです。具体的な操作方法は、LINEのメッセージが届いたらコントロールセンターで機内モードに切り替えます。

通信が遮断されたらLINEを起動。通常時と同じくトークルームを開いて、メッセージを確認します。メッセージの確認後はタスク管理画面を開いて、上にスワイプしてLINEを完全終了させるのがポイントです。

コントロールセンターで機内モードを解除。これで次にLINEを起動するまで、メッセージは既読にならないというわけです。なお、LINEを完全終了させずに機内モードを解除すると、すぐに既読通知が送信されてしまいます。

このほか、iPhone6s以降であればトークルームをPeek(軽く押し込む)することも、既読にならないメッセージの4つめの読み方になります。トーク一覧の画面で目的のトークルームを軽く押し込むと、メッセージが見られるのです。

■「LINE既読にならない」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴

■「LINE」おすすめ記事
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装
LINEのトーク履歴をPCでチェックする方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事