ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除される

友だちにLINEで送ってもらった写真があったことを思い出して、過去のトークを閲覧。いざ写真を見ようとしたらアクセスできなかった…そんな経験はありませんか? LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されてしまいます。そんなときは、LINEの「Keep」を使って永久保存しましょう。


スポンサーリンク
LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除される

LINEトークの写真は2週間で削除

LINEで過去のトーク上にある写真を見ようとして「保存期間が終了したため写真を読み込めません」と表示されたことがあるはず。基本的に、LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されるのです。

ただし、2週間以上前の写真や動画でも問題なく見られる場合もあります。これは、写真や動画をいったん開くと、スマホ上で保存されているため。LINEのサーバー側で削除されても見られるわけです。

とはいえ、特定の写真や動画を見るために毎回、過去のトークをたどって行くのも効率的ではありません。そこで利用したいのがLINEの「Keep」。LINEにはクラウドストレージ機能が用意されています。

LINE「Keep」で永久に保存する

「Keep」はLINEのデータを保存する専用ストレージ。トーク内のメッセージ、写真、動画、各種ファイルをアカウントを削除しない限り、永久に保存できます。ノートやアルバム機能とは異なり、「Keep」内のデータは自分しかアクセスできません。容量は1Gバイトなので、重要データの保存に使いましょう。

LINEの「Keep」の使い方は、保存したいデータを長押ししてメニューを表示。「Keep」を選んでタップします。ここで保存しておきたい写真や動画などすべてにチェックして「保存」を選ぶのです。

Keepに保存されている情報を見るときは「友だち」画面で自分を選択してプロフィールを表示。「Keep」を選択します。すると、選択した情報がすべて保存されているはず。ここなら永久に保存できるので安心です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事