ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE無料スタンププレゼントでID収集する手口

LINEの無料スタンプをプレゼントすることでID収集する手口が話題になりました。台湾では20万人ものユーザーが被害にあったといいます。そんなサイバー被害にあわないためにも、どのようにして無料スタンプのプレゼントでLINE IDを収集したのか、その手口を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
LINE無料スタンププレゼントでID収集する手口

無料スタンプのLINE ID収集手口

トークや通話が無料でできるため、スマホを中心に利用されているLINE。LINEの人気はアジアが中心のため、まだ規模は小さいものの、アジア系のサイバー犯罪者たちが活動の場として狙いを定めています。

LINE人気の一要因として取り上げられるスタンプ。トークにキャラクター画像を使うことで会話を盛り上げられるので、スタンプショップで有料のスタンプを購入するユーザーも少なくありません。

そんななかLINEの無料スタンプと引き換えに、LINE IDを収集する手口が話題になりました。サイバー犯罪者はFacebookにファンページを開設。「いいね!」をクリックしてLINE IDを書き込むと、無料スタンプがプレゼントされるという手法です。

LINE IDで無料スタンププレゼント

アクセスしたユーザーにはLINE IDの書き込みと引き換えに、ドラえもんやハローキティのような人気キャラクターの無料スタンプをプレゼントされました。台湾では20万人ものユーザーが被害にあったと報道されています。

この手口のポイントはFacebookとの連動。Facebookにはユーザーの名前、居住地域、年齢、性別、メールアドレス、職業といった個人情報が登録されています。

FacebookのアカウントからLINE IDを登録させることで、LINE IDとFacebook上の情報をひも付け。ユーザーを分類し、LINE上でマーケティングするための確度の高い個人情報を得ることができるというわけです。

無料スタンプのプレゼントには注意

Facebookの情報と組み合わせたLINE IDは、サイバー犯罪者にとって使い手のある個人情報になる。「40 代男性」といったような特定の属性で情報をまとめ、そのカテゴリのユーザーの興味に合ったスパムメッセージをLINE上で配信すれば、アフィリエイトによる収益を、効率よく得られるからです。

これまでスパムメールは多くが英語で配信されていたため、日本のユーザーの被害は極めて少数でした。しかし、LINEの場合、日本をはじめとするアジアのユーザーが中心です。

ユーザー規模も拡大しているだけに、LINEは日本人をターゲットにしたサイバー攻撃のプラットフォームとして、今後も狙われ続ける可能性が高いのです。LINEの無料スタンプのプレゼントには注意しましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「LINEスタンプ」おすすめ記事
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEスタンプを作成して登録するまでマニュアル

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事