ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの設定でセキュリティ強化する2つの方法

ユーザーが増えれば、悪用しようと考える輩が増えるのはいつの時代も同じ。LINEアカウントの乗っ取りが流行ったことも記憶に新しいところです。LINEの設定でセキュリティ強化する方法はいくつかありますが、なかでも外せないLINEの設定2つを紹介しましょう。



スポンサーリンク
LINEの設定でセキュリティ強化する2つの方法

LINEの設定でプライバシー管理

LINEを安全に利用し続けるためにも自衛は必須。LINEの設定にロックをかけたり、バックアップデータを削除したりする手間は惜しまない方がよいでしょう。

LINEにロックをかけるとは、LINE起動時にパスコードの認証を設定すること。「LINEの設定」→「プライバシー管理」で、4ケタのパスコードロックを設定できます。

iPhone5s以降を使っているのであれば指紋認証機能「Touch ID」の使用も選択可能。4ケタのパスコードよりもセキュリティレベルがグンと上がります。

LINEの設定でトーク履歴を削除

LINEのトーク履歴は、LINEの設定で「すべてのトーク履歴を削除」するだけでは、セキュリティはまだ完璧ではありません。iPhoneの場合、iTunesに保存される過去の端末データがあるからです。

バックアップデータの削除は、不要なったバックアップをPCから削除すること。iTunesに保存している過去の端末データを整理しておくことも、大切なLINEの設定といえるでしょう。

iTunesを起動して左上のメニューから「設定」→「デバイス」を選択。「同期の履歴をリセット」でバックアップを削除できます。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「LINE設定」おすすめ記事
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う

■「LINEセキュリティ」おすすめ記事
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定

■「LINE」おすすめ記事
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEも登録できる完全匿名ケータイの作り方
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事