ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件

2016年2月、LINEはPINコード設定を廃止しました。そもそもは何者かにLINEアカウントが乗っ取られ、電子マネーを購入させて友人などから代金をダマし取るという事件が多発。このLINEアカウント乗っ取り事件をきっかけに、LINE側はPINコード設定が必須化されたものです。



スポンサーリンク
LINEのPINコード導入のきっかけとなった事件

LINEのPINコード設定は任意だった

LINEは通常、スマホなどの携帯電話番号で登録して本人を認識してログインします。しかし、パソコンなど外部からもログインできるようにメールアドレスとパスワードを設定することも可能です。LINEのPINコード設定は任意でした。

この事件では、mixiなど他のサービスで流出したメールアドレスとパスワードが中国や台湾の犯罪者集団に渡ってしまい、LINEの不正ログインに利用されました。乗っ取られた人のほとんどが、ほかのサイトでも同じIDやメールアドレス、パスワードを利用していたことがわかっています。

いったんアカウントの乗っ取りに成功すれば、あとは確率論。元のオーナーにバレる前に、犯罪者たちは少しでも多くのユーザーに「コンビニでiTunesカードを買ってください」という文章を送信して、実際に買ってくれるカモを探し出すのです。

LINE側はPINコード設定を必須化

メッセージをやりとりする速度から推測すると、スマホではなく専用の定型文を登録したパソコンソフトを使っていたと推定できます。SNSのアカウントは、乗っ取られると他人にも迷惑をかけてしまう。各サービスごと、専用のパスワードとメールアドレスを使うことが必要だ。

乗っ取りの被害例。乗っ取られたアカウントから友人へ「プリペイドカードを買うのを手伝ってほしい」などとメッセージを送信し、金銭をだまし取ろうとします。

対策としてLINE側はPINコード設定を必須化。ID・パスワードに加えて「4ケタの暗証番号」を入力しないと、他の端末からログインできないようにししたのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事