ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7のファイル検索機能を高速化する方法

Windows10では非アクティブウィンドウをスクロールできる機能が標準装備。タスクバーの検索機能を開くと、PC内のファイルを高速検索できます。そこで、これらのちょっとした機能をWindows7で実現するフリーソフトを紹介。Windows7のファイル検索機能を高速化してしまいましょう。



スポンサーリンク
Windows7のファイル検索機能を高速化する方法

Windows7でWindows10の機能を実現

Windows10のスクロール機能は、マウスの設定で「ホバーしたときに非アクティブウインドウをスクロールする」をオンにすると、後ろにあるウインドウを直接スクロールできます。

「WizMouse」は後ろにあるウインドウを、直接スクロールできるソフトです。Windows10はこの機能に標準対応していますが、Windows7では、WizMouseを常駐させて再現しましょう。

まずはWizMouseを提供サイトから入手。WizMouseを起動し、「WizMouse Enabled」にチェックを入れておきます。WizMouseを常駐させておけば、後ろにある非アクティブウインドウを直接スクロールできるのです。

Windows7のファイル検索を高速化

Windows10は高性能なファイル検索機能が追加され、タスクトレイから簡単に利用できます。これをWindows7で完全再現することはできませんが、「Hddb」を使えば同等のファイル検索の高速化が可能になるのです。

Hddbはファイルをデータベース化することでファイル検索の高速化を実現。検索速度はWindows10に劣らず、PC内の全ファイルを瞬時に表示してくれます。

使い方は、提供サイトから入手したHddbの検索ボックスに検索ワードを入力すると、該当するファイル・フォルダが表示。目的のファイル・フォルダを右クリックして「開いたパス」を選択。エクスプローラーで素早く見つけられるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7の再インストール手順を覚えておこう
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事